鉄道広告

前面動画 内回り(信号機あり)EF65-1000番台との離合

今回の見どころは、手信号ですが「信号機」をLEDで自作し、
実物通りに演出した点です。
又、EF65-1000番台の機関車が牽引する、
ブルートレインとの離合が迫力ある映像が撮れたと自負しています。


では、ここでEF65-1000番台のうんちくを一つ。
EF65形電気機関車は、日本国有鉄道(国鉄)が1965年に開発した、
平坦路線向け直流用電気機関車である。
EF60形に続く平坦線区向け国鉄直流電気機関車の標準形式として、1979年までに国鉄電気機関車史上最多である308両が川崎車輛→川崎重工業兵庫工場]、川崎電機製造、東京芝浦電気府中工場、汽車製造会社大阪製作所、東洋電機製造、日本車輌製造本店(名古屋製作所)、それに富士電機の各社によって製造された。
このEF65形については、基本的に貨物列車用として計画されたが、その高速走行性能から一般形の他、定格速度の低さが問題となっていたEF60形500番台を置き換えるべく20系客車を牽引するために必要な装置・機器を搭載してブルートレイン牽引用とした500番台(P形)、P形を基本に重量貨物列車を高速で牽引するための重連総括制御用機器・装置を搭載した500番台(F形)、F形を基本に貫通扉を付け耐雪耐寒装備を強化するなどの改良を加えた1000番台(PF形)と、3つの派生モデルが設計・製作され、寝台列車牽引にも長年に渡り多用された。
2006年3月の「出雲」廃止をもって寝台特急での運用は消滅し、さらに2008年3月の急行「銀河」廃止で定期旅客列車を牽引する運用はすべて終了した。2015年1月時点では主に貨物列車の牽引に充当されているが、老朽化の進行で後継のEF210形への置き換えによる淘汰が進んでいる。

EF65-1000番台が牽引したブルートレインは次の通り。

東京機関区(集中台車検査代替機は下関運転所所属)
寝台特急「さくら」1往復(東京 – 下関)
寝台特急「はやぶさ」1往復(東京 – 下関)
寝台特急「みずほ」1往復(東京 – 下関)
寝台特急「富士」1往復(東京 – 下関)
寝台特急「あさかぜ」2往復(東京 – 下関)
寝台特急「瀬戸」1往復(東京 – 宇野)
寝台特急「出雲」1往復(東京 – 京都)
宮原機関区
寝台特急「なは」0.5往復(新大阪 → 下関)
寝台特急「あかつき」0.5往復(下関 → 新大阪)
寝台特急「出雲」1往復(東京 – 京都)
寝台急行「ちくま」1往復(大阪 – 名古屋)
寝台急行「銀河」1往復(東京 – 大阪)
寝台急行「きたぐに」1往復(大阪 – 米原)
下関運転所
寝台特急「なは」0.5往復(下関 → 新大阪)
寝台特急「あかつき[* 44]」1.5往復(新大阪 – 下関)
寝台特急「彗星」1往復(新大阪 – 下関)
田端機関区
寝台特急「あけぼの」3往復(上野 – 黒磯)

これ以外にも全国でその役目を果たした。
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿